一生綺麗にしておきたい!結婚指輪のメンテナンス方法は?

指輪ってダメになりやすいの?

結婚指輪の場合、長く身に着けることになります。すると自然に手垢などの汚れが付着しやすくなってしまいます。もちろん汚れだけではなく、ぶつかってしまったり作業中などに傷が付いてしまうこともあります。しかし、それを怖がるのは最初の内だけ。ある程度慣れてくると体の一部になります。そのため、最初は気を付けていても段々と傷が付いたり汚れが付いてしまうわけです。まさに気が付いたら汚れてしまっていた、という状態が多いのでそうならないためにもこまめなメンテナンスは必要ですね。

家でメンテナンス出来る?

もちろん家でメンテナンスすることもできます。多くの方がやっているのは食器用の中和洗剤をぬるま湯で薄めて、それで汚れを落とすように手で洗ってから拭き取るというもの。ただし、あくまで食器用洗剤ですし全ての指輪に有効なわけではありません。指輪には専用のジュエリークリーナーというものが存在します。お店によってはジュエリークリーナーの使い方なども一緒に説明してくれますよ。必ず指輪の素材に合ったものを使用するようにしましょう。

時々はプロに任せるのが一番

すでに汚れや傷が目立つようになってしまった場合はもちろん、まだ綺麗だという場合も出来れば定期的にプロにメンテナンスをお願いしましょう。やはり一度でもプロにやっていただくと、輝きも復活します。より美しさが長持ちするようになりますよ。特に不器用でうまくセルフメンテナンスが出来ないという方でしたら、定期的に利用しましょう。お店によってはアフターサービスに入っていて、無料だったり格安で利用できる場合もありますので一度確認してみるのがオススメです。

結婚指輪は常に指にはめ続けるのが一般的ですが、水濡れや皮脂などの汚れによって錆や変形などの劣化が生じることがあります。環境に応じて指から外し、清潔な状態を保つことが劣化の予防に繋がります。