知らないと損をする!着物を高く売るためのポイント

タンスに眠ったままの着物はどうする?

タンスにしまったままの着物を整理したくても、捨てるに捨てられないという方も多いと思います。着物はリメイクしたりリサイクルすることもできます。どうせなら、着物を必要としている方に届けたいですよね。一般のリサイクルショップでも買い取ってもらえますが、価値が分かってもらえないことも多いのが事実です。今は着物の買取専門の業者もたくさんあります。着物を買い取ってもらう時に、どんなことを気をつけたら良いのでしょうか?

着物の高額査定のポイントは?

着物はシミや汚れがない状態の良いもの、正絹のもの、作家ものや有名な産地のものなどが査定額は高くなる傾向があります。また、ブランドを証明する「証紙」があると高額査定が期待されます。帯や髪飾りなどの和装小物も併せて依頼するのもポイントです。着物は普段のお手入れの仕方で状態が違ってきます。もう着ない着物であれば、劣化がすすむ前に査定を依頼してみるのもひとつの方法ですね。古い着物でもアンティーク着物として評価される場合もあります。着物は価値のわかる専門業者に査定を依頼するのが大切です。査定の際に問い合わせてみましょう。

着物は意外なところで人気!リメイクで再利用も!

インターネットでのオークションで取引されるなど、着物は若い人たちや海外でファッションとして注目されています。古い着物でシミや汚れがあっても、それが着物の味わい深さとして受け入れられているようです。また、着物の生地や柄を活かして、ワンピースやスカート・バッグなどの小物などにリメイクして再利用することもできます。一点物のオリジナルの商品ができるのが魅力です。自分で手作りも可能ですが、リメイク専門のお店もあるので、興味のある方は相談してみてはいかがでしょうか?

着物の買取は中古になってしまうと途端に市場価値が下がってしまうので、売却するのであれば新品の状態でする事をお勧めします。