七五三のお祝いでは、何をいつくらいに贈るべきなのか

お祝いを贈るタイミング

七五三のお祝いを贈る場合に守っておきたいのが、その家族が七五三を済ませる前に贈るようにするということです。七五三は十一月十五日に行いますから、普通に考えるとその日までにお祝いを渡しておけばいいということになります。昔ならその考え方で良かったのですが、今では七五三についての考え方が変化していて、神社が混雑するシーズンを避けるために一か月前に前倒しして行ったり、十一月にする場合でも他の日に行うようになってきているので、事前に確認した方がいいですね。

お祝い金の相場は?

七五三で渡すことになるお祝い金の相場ですが、自分とその子供がどういう関係にあるのかで変わってきます。ご近所さんの子供の場合は、大体三千円から五千円でいいでしょう。自分の甥っ子や姪っ子の場合は、お祝い金は五千円から一万円が相場です。そこまで大きな金額ではないですね。孫の七五三の場合が最も高く、一万円から高い場合でも数万円は使う場合も。ちなみに祖父母の場合は、七五三にかかる費用を負担することもあります。

プレゼントを贈る場合は

もし七五三用の晴れ着を贈ることを予定している場合は、他にも同様のことを考えている親族がいないか事前に聞いてみた方がいいでしょう。合同でプレゼントすれば、費用の負担が少なくなります。オーソドックスにお花のプレゼントでもいいですね。大体十月か十一月に行いますから、秋の花を使った花束などがいいでしょう。他にも洋服やお祝い用のお菓子でもいいですね。子供の喜びそうなものを贈りたい場合は、おもちゃなどを選びましょう。

七五三とは、子どもの成長を祝い神社や寺に参拝をしにいく年中行事です。元々は七歳、五歳、三歳になった子どもが行う儀式を祝うことでしたが、現在は正装をして参拝に行き、記念写真を撮ったりすることが多いです。